多汗症

takan_image01

多汗症とは、
気温や室温に関係なく必要以上に汗が出て皮膚の表面が汗で濡れてしまう状態を多汗症といいます。

多くは腋(わき)の下、手のひら、足の裏に発生します。これらの部位は精神性発汗部位であり、精神的緊張により発汗が増えます。

わきの下多量の汗をかくことで、見た目・臭いの面で、周囲の目が気になったり、物事に集中できなくなったりしてしまいます。

手のひら
手のひらに多量の汗をかくと、書類が塗れてしまったり、他人との接触を避けるようになり患者様のQOLを著しく下げる可能性があります。

足の裏
足の裏に多量の汗をかくことで、足の水虫や細菌感染を起こしやすくなってしまいます。

このように多汗症は日々の生活の質を下げてしまう可能性がありますので、気になっている方は早めの皮膚科受診をお勧めいたします。

多汗症の治療法

kanpan_image02
治療法詳しくはこちら

外用薬

塩化アルミニウム液を用いて、治療していきます。汗の出る穴を変性させてしまうことにより汗を抑えてしまうお薬です。
歴史があるお薬ですが、残念ながら保険医療の適応はありません。
汗の出る穴を変性させてしまう働きと同時に殺菌効果もあり、わきがにも効果があります。

多汗症の患者様の声

準備中


美容皮膚科 無料カウンセリング実施中 047-487-2633
保険診療 ご予約受付実施中 047-405-6520